横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

財産分与の割合

財産分与は、基本的には、当事者の話し合いによってなされます。
当事者が納得すれば、どんな評価をしても、どんな分け方をしても問題ありません。

当事者間で話し合って取り決めたことは、「離婚協議書」などの合意文書として書面に残される場合が多いです。

夫婦の協議で決まらない場合には、家庭裁判所に財産分与請求の調停を申し立てます。
調停が成立しない場合、審判に移行されることになります。

裁判では、婚姻期間、財産形成の状況や夫婦双方の貢献度、財産の内容、今後の生活の見通しなどを総合的に考慮して財産分与の割合が決まります。
 

財産分与についてさらに詳しく知りたい方はこちら


財産分与について

財産分与の対象

 

財産分与の種類

財産分与の割合


現金・預貯金の財産分与

動産の財産分与

 

株・国債などの有価証券の財産分与

債務も分与の対象となるか

 

将来財産の分与

退職金の財産分与

 

   

不動産の財産分与

財産分与の対象財産はいつ評価されるか

     

財産分与にかかる税金

財産分与の例外

     

   
 


その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ



 

 

 

ContentsMenu

jimusyobaner.jpg

そう相続サイトバナー.jpg.png