横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 不倫について

配偶者以外の異性を好きになった場合

夫(妻)の不倫が原因で離婚に至るケースは多くあります。
 
離婚に至るほど本気の場合、夫(妻)は相手の性格等に対する不満を溜め続け、夫婦関係はかなり悪化しており、夫(妻)は不倫をあまり悪く思っていない場合が多いです。
 
(妻)は「これだけ夫婦関係は悪化しているし、妻(夫)は自分のことを嫌っているから、不倫をしてもそれほど責められないだろう」などと考えていることもあります。
 
しかし、いくら夫婦関係が悪化していても、「夫婦仲が悪かったから不倫も仕方ない」と妻(夫)が考えることはまずありません。
 
加えて、法的には、不貞行為というのは、性格上の問題点などと比べて圧倒的に悪いこととされ、責められてしまいます。
 
不貞行為をすると「有責配偶者」とされ、自分からの離婚が原則として認められなくなってしまいます。
 
 
「夫婦関係が破綻した後であれば不倫をしても問題にならない」という知識を持っている方もいますが、この破綻が認められるためのハードルはかなり高く、夫婦関係が悪化していても簡単に認められるものではありません。
 
 
ところで、法的には、肉体関係を持たなければ不貞行為とはされません
 
ですから、妻(夫)以外の異性を本気で好きになってしまった場合は、肉体関係に至る前に、妻(夫)との関係を清算した方がよいということになります。
 
 
そうは言っても、恋愛感情が生じると、そのように冷静に行動できないものです。
 
(夫)に不貞行為が知られてしまった後は、どうしても離婚を進める上で不利になってしまいますが、かといって妻(夫)のいいなりにならなければならないわけではありません
 
(夫)も「離婚はやむを得ない。そうである以上できるだけ早くスムーズに離婚したい」と考えていますから、主張すべきことは主張した上で、双方が納得できる合意を目指して離婚を進めるべきです。

このようなお悩みをお抱えの方は一人で悩まず、まずは弁護士に一度ご相談ください。

ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ