横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 不貞行為の意味と証拠の重要性

不貞行為の意味と証拠の重要性


 不貞行為とは、配偶者がいるのに、配偶者以外の者と性的関係を持つことです。

 夫婦には貞操義務があり、不貞行為はそれに違反するものであるので、離婚原因の一つとして認められています(民法七七〇条一項一号)。

1.どういうものが不貞行為に当たるのか


 不貞行為は、性交渉のある関係に限定されますから、キスをしただけとか、互いに好意をもってデートを続けているだけといった場合は、不貞行為とは認められません

 しかし、こういった不貞行為にはあたらないけれども、広い意味では貞節ではない行為は、民法七七〇条一項五号の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するとして、離婚が認められることがあります。


2.証拠の必要性


 相手が不貞を認めない場合、訴訟で不貞行為が認められるには、明確な証拠が必要です。二人でホテルの一室に泊まったことがわかる証拠、泊まらなくてもラブホテルに入ったことがわかる証拠、性的関係があることがわかるメールなどがこれに当たります。

 不貞を追及するならば、十分な証拠を得ておく必要があります。




 当事務所では、訴訟等の豊富な経験に基づいて、集めた証拠が不貞の立証に十分かどうかの相談にも応じています。

 調査の質が高く、費用が良心的な調査会社の情報を提供することもできます。

 配偶者の不貞行為でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
 
ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ