横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

慰謝料請求の裁判になってしまったら

 

突然の裁判所からの「特別送達」~裁判までの流れ


裁判は、原告となる人が裁判所に「訴状」を提出し、受理されたところから始まります。

訴状には「慰謝料請求などの請求したいこと」と「請求する理由(配偶者の不貞行為など慰謝料請求をする根拠)」などが書かれています。

そして、訴えられた被告に裁判所からその「訴状」が「特別送達」として郵送されてきます。

この時、家族が受け取ったとしても本人が受け取ったことになるので注意が必要です。

決して裁判所からの訴状を無視したり破棄したりしてはいけません。

法律の知識もない一般人は訴状を見てパニックになるかもしれません。

そういう時は、プロである弁護士に相談するのが最善の方法です。

あなたに非があって慰謝料請求されていたとしても、弁護士はあなたの立場に立って、依頼人を守る努力をしてくれます。

訴状が届いたら、被告は裁判所からの指示に従い、「答弁書」という反論の書類を裁判所に提出します。

その後はいよいよ双方が裁判所に来て顔を合わせることになります。

弁護士がいる場合は一緒に出廷するか、弁護士だけが代理で出廷するケースもあります。

一体いくらかかるの?裁判にかかる基本的な費用


まず必ずかかる費用は、戸籍謄本の請求代450円と、裁判所に提出する収入印紙代16000円です。

これ以外に、弁護士への報酬がかかります。

訴状を受け取り、弁護士に相談する時に、相談費用がかかります。

弁護士によりますが、一時間5000円~1万円ほどが相場です。

「相談一時間無料サービス」をしている弁護士事務所もあるので安く済ませたい人は探してみましょう。

そして、依頼時に支払う着手金です。

離婚などの慰謝料請求の裁判では、20万円~40万円が相場です。

親権なども合わせて争う場合は、これに上乗せされていきます。

最後に、裁判が終わった後に支払う成功報酬です。

慰謝料請求をし、希望の慰謝料を勝ち取った側は、その10%~20%を弁護士に支払うことになります。

 

不倫による慰謝料請求の相場と、「和解」と「判決」の違い


不倫による慰謝料請求の相場は、50万円から400万円といわれています。

しかし、何か決まった基準があるわけではないので、結婚期間や子どもの養育の有無、資産などによって個人で異なります。

もし、不倫によって離婚せずに婚姻関係を継続する場合は、50万円から100万円が相場です。

そして不倫によって別居をすることになった場合は100万円から200万円、不倫によって離婚することになった場合は200万円から400万円、という具合に、夫婦関係の破綻の度合いによって高くなっていく傾向があります。

裁判で「和解」となった場合、慰謝料請求された金額は分割払いにするなど柔軟な決定ができますが、もしも和解できずに「判決」で決着がつくことになった場合、一括で支払わなくてはなりません。

「和解」の道を探るか裁判所の「判決」を待つか、慎重な判断が必要とされます。弁護士と相談しながら、希望に沿った最善の方法を見つけることが重要です。


慰謝料問題でお悩みがあれば、お気軽に当事務所にご相談してみてください。




その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ