横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

慰謝料請求の場合の内容証明郵便はどのようなものか

慰謝料請求の場合の内容証明郵便というのはどのようなものでしょうか?

 
内容証明郵便の役目というのは、慰謝料請求の場合の入り口のようなものであると考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、簡単に慰謝料請求の場合の内容証明郵便についてご紹介しましょう。

内容証明郵便というのは、郵便局が相手にどのような内容を送ったかということを保障してくれるものです。

内容が正確であるかどうかということは一切関係なく、単にこのような内容でいつ・誰に・誰が・送ったかということのみを証明するものです。

そのため、そのようなものは承知していない、というような言い逃れをすることができないものなのです。

しかしながら、この慰謝料請求の場合の内容証明郵便は法的な拘束力は全くなく、必ず守る必要があるというものではないため、このことはきちんと把握しておきましょう。


慰謝料請求の場合に内容証明郵便を出すのはどのような意味があるか


慰謝料請求の場合には、内容証明郵便を出すことがあります。

では、慰謝料請求の場合に内容証明郵便を出すのはどのような意味があるのでしょうか?

慰謝料請求の場合の内容証明郵便というのは、浮気をしている相手に何らかのアクションを起こすためのものであると考えておく方が分かりやすいのではないでしょうか。

あなたが浮気をしていればこちらにも考えがありますよ、ということを言うためのものが内容証明郵便であると言えるでしょう。

内容証明郵便を送られた浮気をしている相手としても、どのような証拠を掴んでいるのか心配である、でまかせではないだろうか、無視すればいいのではないか、などとさまざまなことを考えさせるためのものであるとも言えるでしょう。 
 

慰謝料請求の場合に内容証明郵便を送る方法と書く方法


慰謝料請求の場合に内容証明郵便を送る方法、書く方法についてご紹介しましょう。

ある程度多くの集配をしているような郵便局の窓口に、内容文書、内容文書の謄本2通、受取人および差出人の氏名、住所を書いた封筒を提出して、内容証明郵便の料金をプラスして郵便料金を払います。

簡単に言うと、自分ための控え、相手に送るもの、郵便局に出すものの3通を準備して、送る相手の住所を書いた封筒を持参し、一緒に送料も準備しておくと送ることができます。

この場合には、必ず配達証明付にするように注意しましょう。配達証明付というのは、相手に届いたことを連絡してくれるものです。

内容証明郵便を書く方法としては、弁護士に依頼する方法と自分で書く方法があります。

費用はかかりますが、弁護士に依頼する方が、弁護士は法律のプロであるためいいといえます。

弁護士であれば、内容証明郵便を送る方法についてもアドバイスをいたします。

 

 



その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ