横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

慰謝料請求をしたときのもらえる額の相場

慰謝料請求をするタイミングと依頼する方法について

 
慰謝料請求するタイミングについては、これはしっかりと吟味をしなければなりません。

慰謝料のイメージと言うと不倫のイメージが強いですが、不倫以外のことでも慰謝料請求することができます。

交通事故でも慰謝料請求をすることができますが、交通事故の場合は民間の保険会社が間に入ることが多く、慰謝料請求は保険会社に行うことが多いです。不倫の場合は、自身の配偶者と不倫関係になった相手に慰謝料請求を行うことになります。

その際には、相手の名前や住所などが必要になりますので、事前に調べておきましょう。

慰謝料請求をする際には、法律の知識が必要になりますので、自分一人だけでは対応できないことも多々あります。

慰謝料請求を行うときには、弁護士に依頼することによって、複雑な手続きや書類の作成も弁護士に行ってもらえます。
 
 

慰謝料請求をしてもらうことができる金額の相場について

 
夫婦生活を送っている上での慰謝料請求では、色々なパターンが考えられます。

そのパターンによって請求してもらうことができる慰謝料の相場も変わりますので、まずは弁護士と相談して慰謝料請求の金額を決める必要があります。

離婚する際の慰謝料請求の相場は、これは話し合いで決めることが可能ですので、相手の同意があれば金額が非常に大きくなることもあります。

しかし、通常では落ち着いた相場になりますので、それほど多くの金額を得ることができる場合は少ないです。

相手の不倫が原因の場合は、慰謝料請求の相場は100万円から500万円ほどになっています。

DVを受けていた場合も慰謝料請求の相場は50万から300万円ほどです。

悪意の遺棄のときは50万から300万、セックスレスの場合は100万から300万円です。

相場を見て分かる通り、驚くような高い金額をもらうことができる訳ではないのが現状です。
 
 

弁護士と良く相談した上での慰謝料請求を行う重要性

 
慰謝料請求を弁護士に依頼して行うということは、はっきりと言えば相手との人間関係を維持するのが難しくなるということです。

夫婦関係が破綻している配偶者だと問題ないことも多いのですが、仕事関係の人に対してとなると、二の足を踏んでしまうこともあります。

その際には、弁護士の方とも良く相談した上で、慰謝料請求を行うかどうか決めるようにしましょう。

弁護士の方に相談することは、まずは慰謝料を取ることができるかどうかです。

事象によっては慰謝料を取ることができないこともありますので、まずは弁護士に相談して取ることができるかどうかを聞きましょう。

取ることができると判断された際には、弁護士と良く相談をして慰謝料の相場も踏まえて、相手に慰謝料請求を行いましょう。

 

 

 

 

その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ