横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

慰謝料の請求を脅迫されたらどうすべきですか

速やかに弁護士に相談して脅迫を止めさせること

 
慰謝料請求を脅迫されている場合は、明らかに不当な方法で請求をしようとしている可能性があります。

このような方法では慰謝料請求をしてはいけませんし、しっかりと話し合いをしたうえで結論を付けるべきなのです。

それをとらないというのは大きな問題ですから、速やかに弁護士に相談して脅迫されていることを伝えてください。

そして駄目なことを相手側に伝えることとなります。

弁護士は相手の方としっかり話をして、場合によっては法的措置を取るなどして警告します。

これによって慰謝料請求を脅迫するような方法を止めることが可能となり、不当な請求方法については起こらないこととなります。

一番早いのは弁護士を利用することによる方法で、これなら不当な請求を受けている状態でもすぐに対応することが出来るのです。
 
 

直接話が出来るなら法的措置を取ることを伝えて止める

 
脅迫されている相手と相談が出来るのであれば、慰謝料請求がおかしな方法で行われていることを自分から伝えて、場合によっては弁護士を利用して法的措置を取ることを伝えてください。

これだけでも脅迫を止める効果が期待できますし、正しい方法で慰謝料請求を行えるようになります。

相手の方がどうしても脅迫のような方法を取るのであれば、弁護士の力を借りるということを伝えても大丈夫です。

弁護士相手に勝てると思っていない人が結構いるので、こうした状態になると勝ちやすくなります。

また慰謝料請求でも弁護士の相談を受けられるようになるので、合わせて話をしておくといいです。

法的措置を取るというだけでも、実は相手の方に対して足止めをするための効果が期待できるようになり、この一言を伝えるだけでも脅迫のような状態は止められるのです。

 
 

相手の条件が緩いのであればそのまま応じてしまうのもあり

 
慰謝料請求というのは、双方が話し合いをして決着を付けることとなりますが、相手の条件が緩いと判断出来るのであれば、弁護士に相談をしたうえで応じるかどうかを決定してしまうことも良い方法です。

相手が自分よりも明らかに条件を緩くしていると考えられれば、それはもしかしたら条件をよくできるチャンスでもあるので、弁護士に話をして問題の無い状態にします。

慰謝料請求を脅迫されていること自体は問題ですが、そのことについて弁護士に対応して貰いつつ、慰謝料請求についてはその条件で応じることも可能です。

ある程度脅迫されていることをマイナス材料にしておけば、そんなに高い金額を取られることもありません。もし相手の要求が小さいと判断できたのであれば、そのまま応じて脅迫を止めさせることもできます。

 

 


その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ