横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

肉体関係がなくても慰謝料請求されるのでしょうか


不倫をしてしまったときの慰謝料請求のリスクについて

不倫をしてしまうということは、非常にリスクが高いのが現状です。

不倫をしてしまうと、慰謝料請求をされてしまうこともあります。

自身が不倫をされてしまった際には、慰謝料請求をすることで慰謝料を得ることができます。

慰謝料請求をする際には、通常では弁護士に依頼することになります。

弁護士に依頼することで、裁判になってしまった際にも力になってくれます。

通常では、すぐに裁判をするということはあまりありません。

最初は話し合いを設けてそこで物別れになってしまったときに、弁護士に依頼して裁判を行うことになります。

弁護士に依頼することで、弁護士費用が発生してしまいますので、その費用のことも考えてから慰謝料請求を行う必要があります。



肉体関係なしで慰謝料請求することができるのか?



不倫の慰謝料請求と言いますと、基本的には肉体関係を持っていることが前提になります。

肉体関係を持つということは、不貞行為に当たりますので慰謝料を請求することができるようになります。

肉体関係を他人と持つということは、夫婦関係の破綻へと繋がりますので、裁判になった際も裁判所が慰謝料を認めることがほとんどです。

逆に肉体関係なしだとどうなるかと言いますと、通常では慰謝料請求をすることはできません。

肉体関係なしで慰謝料請求をして裁判を起こしたとしても、慰謝料が認められることはほとんどありません。

慰謝料請求をして実際に慰謝料を受け取るためには、肉体関係があるということが認定される必要があります。

そのためには、弁護士とも協力をして必要ならば探偵を雇うなどして、不倫の証拠を固める必要があります。


肉体関係なしでも慰謝料が認められる事例について


肉体関係なしだと、基本的には慰謝料請求しても慰謝料が認められることはありません。

これが認められてしまうと、異性と二人で会っているだけで慰謝料請求することができるということになります。

しかし、肉体関係なしでも例外で慰謝料が認められることがあります。

それは、明らかに相手に好意があると判断することができる上に、家庭を顧みない頻度で相手と会っている場合です。

一度や二度会ったくらいで認められることはありませんが、例えば肉体関係なしであっても、相手の異性と週に三度くらい継続して食事に行ったりデートに行ったりしていると、慰謝料が認められることがあります。

このときに重要なことは、肉体関係なしでも相手の異性と会うことによって、夫婦関係が壊れてしまうことに繋がったかどうかです。

夫婦間で相手と会うのを止めて欲しいと言ったとしても、まだ会い続けていたりすると慰謝料が認められる傾向にあります。

 

 




その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ