横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

当事務所で解決をした慰謝料請求に関する解決事例はこちらをご覧ください。

夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例
妻が養育費月額15万円、解決金1525万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例
妻が養育費月額10万円、マンション(約1300万円相当)・自動車・金120万円を受け取った事例
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立
妻を親権者と定め、妻が養育費月額18万円、解決金100万円を受け取る調停が成立した事例

≫慰謝料請求に関するその他の事例はこちらをご覧ください。

慰謝料請求の内容証明を無視されたらどうすればよいでしょうか

慰謝料請求を行うときに弁護士と一緒に確認すべきこと


慰謝料請求を行うときは、自分だけで行うのではなく、できるだけ専門家に協力してもらうようにしましょう。

慰謝料請求の専門家は弁護士ですので、まずは弁護士に相談するところから始めましょう。

慰謝料請求にも色々な種類がありますが、通常は不倫での慰謝料請求が多くなっています。

不倫以外にも、DV等でも慰謝料請求をすることができますので、まずは弁護士に詳細を聞きましょう。

一緒に確認すべきことは、何故慰謝料を請求するつもりなのか、慰謝料請求をするにあたっての証拠はあるのかどうかなどです。

証拠がないときは、まずは証拠を固める作業を行う必要があります。



まずは慰謝料請求の内容証明を送ることから始めましょう


慰謝料請求と言いますと、すぐに裁判になってしまうイメージを持たれている方も多いのですが、実際には最初から慰謝料請求で裁判を起こすことは稀です。

まずは相手方と話し合いをしてから、慰謝料請求を行うことが通常のステップです。

裁判には費用がかかってしまいますので、話し合いの段階で慰謝料請求を解決することができれば、裁判費用も弁護士費用も抑えることができます。

そこでまず行うことになるのが内容証明の送付です。

内容証明とは、相手に事実関係を伝えて慰謝料請求するつもりだということを通達するものです。

この内容証明では、慰謝料の支払いがない場合は訴訟するつもりがあることを伝えることになります。この内容証明が無視されてしまったときは、また違う対応が必要になります。


慰謝料請求の内容証明が無視されてしまった際の対応


慰謝料請求の内容証明が無視されてしまったときは、まずは弁護士に依頼しているかしていないかで対応が変わります。

内容証明を送るだけなら個人でも比較的簡単に送ることができますが、弁護士の名前があるかないかでは相手に対するインパクトが変わります。

弁護士の名前がないと無視される可能性が高くなりますが、代理人として弁護士の名前があれば無視される可能性が低くなります。

個人で内容証明を送って無視された際には、まずは弁護士に依頼して相手に本気であることを伝えるところから始めましょう。

弁護士を代理人に立てて内容証明を送って無視されるとなると、相手との話し合いの余地がないということになります。

弁護士を代理人に立てて無視されてしまったときは、すぐに訴訟の準備を行いましょう。

必要ならば不倫をした相手への訴訟も検討する必要があります。弁護士費用については、事前に弁護士に尋ねましょう。

その他の”離婚とお金”に関することはこちらをチェック

慰謝料の問題

養育費の問題

婚姻費用について

離婚と年金の問題

 


ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ