横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ

モラハラをやめさせるためには

     IMG_87830024.jpg
モラハラ加害者にモラハラをやめさせることはとても難しいです。なぜなら、モラハラ加害者には、相手を苦しめているという自覚が少ないからです。モラハラ加害者は、自覚が少ないまま、相手との上下関係を築き
、自分が特別優れた人間であると感じることができますし、自分が偉くなった気がし優越感を味わえます。このようなうまみをモラハラ加害者が手放すわけがありません。



モラハラ加害者が話し合いに応ずることはありません。
話し合いをしたいと願うのは被害者だけです。加害者にはモラハラをやめないといけない理由がないのです。加害者は、被害者が強く言ってきても、何のことを言われているのかわからず、話が通じないことが多いです。
 
加害者がモラハラをやめるためには、加害者本人が、自分のしていることが「相手を傷つけてきた」と理解し、行動を改めなければいけません。しかし、これまでの習慣を変えるのはなかなか難しく、モラハラ加害者が自分の非を認めることは滅多にありません。
 
モラルハラスメントの被害者は、「私が間違っている」、「私が悪い」と思って我慢している方が多いのですが、まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。我慢していても、それが苦痛となってしまいます。

モラルハラスメントはどんどんエスカレートしていきます。モラルハラスメントの被害にあわれている方は、一人で悩まず、まずは当事務所までご相談下さい。

当事務所で解決したモラルハラスメント(モラハラ)に関する解決事例

自分が親権者でないと離婚に応じない夫に対し、離婚調停を申し立て離婚が成立した事例
妻からの過大な財産分与の要求に対し、適正額で解決した事例
離婚には応じないと主張していたモラハラ夫と、約8か月で調停離婚が成立した事例

>>モラルハラスメント(モラハラ)に関するご相談はこちらをご覧ください。



その他の”家庭内暴力(DV)”と”モラハラ”に関してはこちらをチェック

家庭内暴力の種類

なぜ家庭内暴力は起こるのか

DV被害者の心理

モラルハラスメントについて

   

ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ



 

 

 

ContentsMenu

jimusyobaner.jpg

そう相続サイトバナー.jpg.png