横浜の弁護士による離婚・慰謝料相談

離婚に関することはお気軽にご相談ください。045-910-0703
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 解決事例
  • 受任から約3ヵ月で、100万円の支払いと、配偶者への求償をしない旨の合意に至った事例

受任から約3ヵ月で、100万円の支払いと、配偶者への求償をしない旨の合意に至った事例

               
慰謝料請求 性別 職業 相手方職業 証拠 慰謝料金額 手続き
求めた 公務員 公務員 争いなし 100万円 協議

 

 

【事案】

依頼者は、夫のLINEを見て、夫が職場で不倫していたことに気付きました。夫を追及した結果、不倫相手の女性とは別れ、夫婦関係を継続することとなりました。依頼者は、女性を許すことができず、けじめとして慰謝料を請求したいということで、当事務所に依頼しました。

【解決】

相手の女性の正確な住所がわからなかったことから、携帯電話番号から弁護士会照会をかけ、住所を調査しました。その住所に、100万円を支払うこと、夫への求償をしないと約束することを求める書面を送りました。その結果、請求通りで合意することとなり、入金まで1か月程度でスピード解決しました。
婚姻関係を継続する場合、慰謝料が支払われても、配偶者に半額の求償を受けると、差引きで半額しか残らないことになります。そのため、本件では、夫への求償をしないことを同時に合意することで、実質的には200万円の慰謝料が認められたのと同じ結果を得たことになります。依頼者は当初、離婚しない場合の相場を考慮し、もっと少ない金額を想定していましたが、うまく解決することができた事例です。
ImgTop10.jpg
■事務所案内 ■弁護士紹介 ■料金・費用 ■アクセス ■お問い合わせ